ソフトテニスで見たことないもの

ソフトテニスにはサッカーと同じレッドカードが存在します。

ルールに明らかに違反したと判断される場合、正審(アンパイヤー)からイエローカード(警告)が出されます。野次とか正審のジャッジに従わない場面などでよく出されます。とはいえ、正審の主観な判断な為、試合を観戦していると「ん?なんでイエローカード出たの?」と思うこともしばしばあります。

イエローカードが2枚出されるとレフェリー(審判委員長)が試合を監視し、レフェリーの判断で、3回目のイエローカードとしてレッドカードが出されます。レッドカードが出されると、その時点でレッドカードを出されたチーム、ペアは失格となります。

ソフトテニスは普及してから100年以上が経過しているスポーツですが、ソフトテニスのお偉方曰く、レッドカードが出されたことは1度もないそうです。

私は中学からソフトテニスを始めて8年経ちましたが、1度だけ、イエローカードが2枚出された試合があります。(私のチームの監督が正審のジャッジに納得せず講義し続けたためです笑)

試合に熱くなりすぎは要注意です(~~;)

投稿:わきさん

Home

Return to page top